全てはひと続きになっている

奈良から軽井沢に来ました。

「目的」であふれる中で

 

f:id:tokkun1225kotonakare570:20190819214128j:image

 

「目的」であふれる人生は何て豊かなんだろうって思う。

 

 

奈良にいたときは、「目的」を自ら見出していくことで必死だった。ただただ、消費していく毎日はいやだったから。

 

もちろん、学校の先生という意味のある仕事につけたことは誇りに思う。でも、それ自体は「目的」になり得ないことは、教員採用試験に向けて勉強していたころには、自問自答の中で薄々気づきはじめていた。

 

だから、先生になってからの毎日に少しでも意味を持たせたくて、あちこち飛び回って動き回っていたんだと、今になってぼくの原動力の一つはそういうことだったんだと気づく。

 

動けば動くほど、「目的」がたくさん生まれてきた。

 

今、軽井沢で風越と公立小学校の先生として働く中で、そこには圧倒的な「目的」がある。しかも、一つではない。それに、その一つ一つは、これまでのそれとはケタ外れではある。

 

はじめの4ヶ月は、その「目的」にのみこまれるような感覚さえあった。どこからともなく降ってくる「目的」に。(今はちがう)

 

状況はみるみる変化していき、「目的」もその輪郭が徐々にはっきりと見えるようになってきた。それに向かって進めば進むほど、多かれ少なかれまた別の「目的」が増えてくる。ああ、そういうことなんだろうな。

 

 

「目的」であふれる人生は何て豊かなんだろうと思う。

 

でも、ぼくははじめの4ヶ月を経験して、「目的」のない人生も豊かだなあと感じるようになった。

 

意図的に無目的な時間を作らないと、「目的」におぼれてしまいそうになる。だから、そんな時間をつくるようにもなった。

 

バランスが大事だということは自明ではあるけど、それと誰かが言ってた、両極は一致するということは何かつながってんのかなあとか。

 

 

「目的」であふれる中で、ぼくは「ぼく」を見失わないように進んでいきたいなあと思うのでした。

 

 

ずいぶんと抽象的で読み手に優しくない文章になってしまった。まあ、それはそれでまた「目的」があるようなないような。

軽井沢でのはじめの4ヶ月

今日、軽井沢に戻りました。やっぱりこっちは涼しい。風がとにかく爽やかなんです。

 

お盆は実家の奈良に帰っていました。

関西圏にいる友人とたくさん会って、ひたすらだらだらと過ごす日々でした。帰る場所があるからこそ、今がんばれるだということが再確認できて、会ってくれたみんなには本当に感謝しかないです。これだけゆっくり過ごしたのは初めてかもしれないというくらいゆっくりしました。(だいたい家にはいてなかったものの)

 

というのも、軽井沢でのはじめの4ヶ月。とにかく疲れたんです。いつもなら、毎年持て余す力を発散するかのごとく、夏休みはあちこち飛び回る毎日でした。でも、今年はとにかく疲れたので休みたかった。それくらい、この4ヶ月は持てる力を全て出し切った4ヶ月だったんです。

 

f:id:tokkun1225kotonakare570:20190818221949j:image

 

本当にありがたいなあと思います。おそらく、今、ぼくが経験していることは全国的にも稀なケース。経験したくてもできないことだったりします。だからこそ、この1年は(もちろんその後もだけど)、自分の持ってるものを全て出し切りたいと思うわけです。軽井沢風越学園の学校づくりも、公立小学校の教員としてのチャレンジも。

 

これまでほぼ実家暮らし、地元奈良の学校の先生をしていたところから一転、ガラッと環境が変化したことによる気疲れもあります。でも、それだけではない、何とも言葉にしづらい苦しさと向き合う日々でした。

 

4月は本当に苦しかった。大きな挫折を味わい、自問自答する中で、恥ずかしながら、外的な要因に引っ張られながらここにいたこと、自分の足でちゃんと立っていなかったことに気づきました。つまり、そこに「ぼく」はいなかったわけです。

 

どうしてここに立っているのか、ここにいる目的を一から考え直して、一つ一つ、ちゃんと「ぼく」からはじめることを徹底しました。

 

毎日のふり返りを読んでフィードバックをくださったあすこまさんの存在はとても大きく、それ以外にもいろんな方々に助けてもらいながらも、徐々にぼくは「ぼく」を取り戻していきました。

 

どの道を選んでも「葛藤」を抱えることになる。それでいいんだ、そういうものだという前提をちゃんと持った上で、それでもやっぱり自分でいずれかの道を選んで進んでいくこと。その中で、起こるあらゆることから学んでいくことをいかに楽しめるか。楽しむためには、やっぱりその道はちゃんと「ぼく」が選んでるかどうかが大事。自分の心の機微に敏感に、素直になれるかどうかが大事なんだと。

 

f:id:tokkun1225kotonakare570:20190818223145j:image

 

教室の中では、ふり返ってみると、ぼくは、「みんなの自由を取り戻す」ということをしてきたんだと思います。

 

ぼくと出会うまで、本当にたくさんの縛りの中で過ごしてきたんだなあとところどころで感じました。それはもしかしたら、それまでは必要なことだったのかもしれないけど、やっぱりぼくは「あなたは自由な存在なんだよ」ということを伝えたかった。

 

自由な存在であることを認められる中で学ぶことの価値は、当然のことながら子どもたちの姿に現れてきました。あらゆることをちゃんと「自分」からはじめられるようになってはじめて、やっとスタートラインに立ったという感じ。これは、ぼくのさっきの経験と重ねて考えています。

 

もちろん、自由である分、エラーがたくさん起こります。でも、エラーが起こってからが本当の学びのスタートではないかなと。ぼく自身、いろいろ揺れるところもあるけど、それはぼくがぼく自身と向き合い直す機会にもなりました。

 

「テストってなんのためにやるんだっけ?」みたいに、一つ一つみんなで問い直して、確かめながら進んでいく。次の4ヶ月もそうやって進んでいきたいです。

 

 

 

さらっと書くつもりがだらだら書いちゃいました。特にまとめるでもなく、今日はここまで。

2学期は、ブログの方もちょくちょく更新していきたいなあと思っています。

7.21(sun.)メモ。

読書家や作家、算数でも、ベランダや廊下、床で学ぶ子が増えてきた。はじめは不安そうにぼくに確認しにきた子たちも、今は何もいってこない。もちろん、教室で学ぶ子もいる。ぼくは今、これまで学校の中で教え込まれてきて、子どもたちの中にある「ねばならない」をひとつひとつ崩していくことを教室の中でやっているのだろう。生きるということは本来もっと自由なものだよと。学ぶことはもっと自由なことだよと。自由になってはじめて起こることもたくさんある。もちろん失敗もある。そこで「そもそも」について問い直して、みんなでつくっていくこと。今週の「テスト」についての議論なんてのはまさしくそう。「夏休みの宿題の必要性」についてあーだこーだいっている声があがってくるのもそういう感じなのだろう。「ねばならない」を取っ払って、自由になったところからが本来の学びがスタートする。そんなことを感じた1週間だった。

 

ーーーーーー

 

今日も、カリキュラムづくりのために教室に外から人が入ってくる。ぼくは今、学校現場と学校づくりの狭間に経っているということを思い出す。これは、ぼくにしか経験できないことで、誰にも共有し得ないこと。だからこそ、自分の中で何が起こっているのかということが一番の関心ごとだったりする。

 

ーーーーーー

 

もうさー、みんながんばってるし、みんな優勝でいいじゃん。はい、みんな優勝。ってことですよ。今日のまとめ。

 

ーーーーーー

 

感情がぐわーっと動き出したときがチャンス。「書く」チャンス。

 

ーーーーーー

 

できない、やったことがない、わからない、からこそ見える世界もあるってことは忘れないでいたい。できること、やったことがある、わかっているからこそ見えなくなった世界もあるんだから。

 

ーーーーーー

 

あなたは、今、あなたが見えてる世界の中で大事なものを見つけられたらそれでいいんだってこと。

 

ーーーーーー

 

生きる意味とか、幸せの定義とか、問い出す時期ってあると思うけど、そういう問いには、答えを出すことよりも、問い続けること、問いを持ち続けることにこそ価値があるんだと。答えを持っていることよりも、問いを持っていることの方がぼくは大事だなあと思うようになった。そういう人が好き。

 

ーーーーーー

 

ただ、「問うために問う」のはなんかちがう。

 

ーーーーーー

 

関西に生まれて、小さい頃からお笑いを見て育ったものとしては、この土日はどうしても例の話題に引っ張られてしまうー。

 

ーーーーーー

 

「君の名は」でさえ観てないぼくですが衝動に駆られて。

 

f:id:tokkun1225kotonakare570:20190721211834j:image

7.7(sun.)メモ。

「何もしないことが、最高の何かにつながる」

 

進むというとは、今いる場所から離れるということ。何かに近づくと同時に、何かから離れるということ。

ーーーーーーーー

 

初任のころから数年間はとにかく動きまくってきたはずが、今はもうその勢いはない。周りから見れば動いているように見えるよと言われるけど、自分的には全然動いてない。思わず動きたくなるような心ひかれる情報が入ってこなくなった。これについてはいろんな解釈ができる。

 

ーーーーーーーー

 

外部から大人を教室に入れるということについて。

 

ーーーーーーーー

 

何かがわかることよりも、わからなさがわかることの方が、とっても大切なんだと思います。これ、なかなか伝わりづらいけど。

 

ーーーーーーーー

 

人から問いを借りて自分で問うてる気になること。人から言葉を借りて理解してる気になること。いや、それ全部そんな気になってるだけでしかない。安易にスッキリしないこと。わからなさと向き合うこと。それができるかどうかが分かれ目。

 

ーーーーーーーー

 

f:id:tokkun1225kotonakare570:20190707221722j:image

これ勧められて読みました。これまで大事にしてきたこと、今まさに大事にしたいと思っていることがたくさん書かれてある。定期的に読み返したい一冊。確信。必読です。これを前提にこれからの話がしたい。

軽井沢に来て3ヶ月。

f:id:tokkun1225kotonakare570:20190630124102j:image

 

ちょうど軽井沢に来て3ヶ月が過ぎようとしている。

 

こっちに来て、いろんなことが変わった。変わるということは、当たり前だけど楽しいことばかりではない。むしろ、苦しいことの方が大きいんじゃないかな。葛藤もたくさん生まれる。変わろうとしない人の気持ちも少しはわかる。でも、変わったからこそ、これまで見えなかったものも見えるようになった。今まで知らなかった自分にもたくさん出会った。まだ3ヶ月しか経ってないことが本当にびっくりだけど、本当に来てよかったと思う。学校づくりがどうとかよりも、自分自身が変わっていくことを感じられる今が本当におもしろくて幸せだなあと思う。改めて、こういう機会をいただいたことへの感謝の気持ちが止まらない。

 

4月。どうして風越に来たんだろうか、ということを問い直すくらい、心は病んでいた。そもそも、ぼくは、年末に風越に来ることなって、正直浮かれていた。そこに自分はいなかった。地に足ついてないままに軽井沢に来て、真っ暗闇の中を手探りで歩くんだけど、そもそも、そこに自分はいなかった。

 

ある出来事があって、落ちるところまでとことん落ちて、悪夢を見るまで落ちきったときに、はじめてちゃんと自分と向き合うことをした。これまで、外的な要因に引っ張られてここに立っていた自分に気づき、自分の足でちゃんと立つために、一から積み直していくことにした。毎日記録し続けているふり返りの質も、このあたりから変わっているんじゃないかと思う。

 

こっちに来てから、1人の時間が増えた。目的なしに会う人がいない生活は、常にどこかぽっかり穴が空いたままのような感じ。埋めたくなるんだけど、埋まることはない。でも、その空いた穴には、いろんなものが出たり入ったりしていく。いいものも悪いものも。つまり、1人の時間が増えたことによって、自分の感覚にすごく敏感になった。自分自身と向き合う時間が長くなったからこそ、自覚することが増えていった。で、それが、教師としてのあり方にも影響をおよぼしている。今は、教室にいる自分が今までより一層自然体になった気がする。そして、もちろん、子どもたち自身の感覚も大事にしたいと実感を伴ってこれまで以上に強く思うようになった。

 

「授業づくり」とか、「学校づくり」についてよりも、ここまでの3ヶ月は、ぼく自身が「自分づくり」についてひたすら考え抜く時間になった。でも、これはすごく大切なことなんだと思う。今はまだうまく言葉にできないけど、本当に大切なことってそんなもんなんだとも思う。時間が経ってから、あのときのあれはああだったって言えるようになったらそれでいいや。

 

とはいえ、まだ3ヶ月。まだまだこれから。疲れは溜まって取れないけど、心はめちゃくちゃ元気。とりあえずこの一年、やれることを精一杯やりたい。それだけ。

6.23(sun.)メモ。

だれかを非難する言葉は、まず、そのまま自分へ向けてみること。

 

ーーーーーー

 

一年生らしさは、一年生らしさを求める周りの大人によってつくられているんですよね。同じく、小学校の低学年らしさ、高学年らしさ、みたいなのもそう。大人の要求に対して子どもたちが応えるような形になっているのが、すごく学校っぽい感じがする。そういうの見てると何だか胸がざわつく。

6.17(mon.)メモ。

なんだろう。言葉にできないことと出会うと、何とも言えない気持ちになる。

 

言葉にできそうでできないことが頭の中で浮かんでは消えるを繰り返す。

 

しかし、こうやって言葉にしていることは氷山の一角で、つまるところ、言葉にできないこともちゃんとそこにはあって、それが自分の言葉を支えてるってこと。

 

あ、そうなると「浮かんでは消える」ではなく、「浮かんでは沈む」なのかもしれない。

 

ーーーーーーーー

 

もう、どんな実践をしているかってのは本当にどうでもよくて、さらに言えば、どんな実践をしてるかだけにフォーカスすることに全く興味はなくて、その人の生き方とかあり方とかそういうところまでくっついてる話がしたいんだよな。